子育てしながらエンジニアしたい

現在 3 歳 女の子の子育て中エンジニアによる、技術系 + 日常系ブログ。

Ymobile から楽天モバイルに MNP した

技術的なカタイお話ばっかりだったので、たまには日常的な話を。Emobile 時代だった Nexus 5 から、Nexus 5x へと使い続けてきた Ymobile。 契約更新月になったので、そろそろ MVNO にするかと思い立ち、各社 SIM のプランを調べてみました。 自分の使い方と…

Wemos Lolin ESP32 OLED で、BME280 温湿度センサーを使う

前回の記事で、ESP32 OLED の画面に文字や図形を出力できるようになりました。edosha.hatenablog.jpしかし、これではまだ単体で動作しているだけです。 せっかくの組み込みデバイスなので、センサーをつなげてみたい... ということで、わかりやすい (?) 温湿…

Wemos Lolin ESP32 OLED で、MicroPython から OLED 出力をする

前回の記事で、ESP32 に MicroPython を導入することができました。edosha.hatenablog.jpこれで ESP32 上で Python REPL を動かせるようになりました。 今回は、せっかくついている OLED に文字や図形を出力してみたいと思います。 それにあたって、便利のた…

Wemos Lolin ESP32 OLED に初挑戦

最近、シンプルな UI をもったデジタルガジェットを作りたいなぁと思っていました。 考えていた条件はこんな感じ。 シンプルな UI いわゆる IoT 的な考え方で、ネットワーク経由でデータは蓄積したい 蓄積したデータはスマホ等で見られれば良い でもちょっと…

Nexus 5x が再起動し続ける自体に陥った。どうにかして直した。

Nexus 5x が起動しない... 1 年半くらい前から使っている Nexus 5x。 最近なんか調子が悪いなぁとは思っていました。今日も、電話をかけようとしたらフリーズ。 「あぁ、またか」 と思い、電源ボタンを長押し。リブート。Google のロゴが出ます。さ~て次は …

Raspberry pi で SSH ログアウト後もプロセスを残したい

作業の途中で SSH ログアウトしたい... 前回の記事で、Raspberry pi を Radius サーバーとして活用する方法をご紹介しました。edosha.hatenablog.jpこんなふうに大量の作業をするときは、一時中断するために SSH からログアウトすることもあります。 コンフ…

Raspberry pi を RADIUS サーバーにしたい

Wi-Fi でつなぐ端末も管理したい... 前回の記事で、クローズネットワーク内に Raspberry pi を置いて、NAT ルーター兼 DHCP + DNS サーバーにしました。edosha.hatenablog.jpただこのままだと端末を有線でつなぐ必要があるので、Raspberry pi の下にアクセス…

Python: JSON でバイナリを扱う

バイナリデータをネットワーク送受信したい バイナリデータをネットワーク越しに送受信したいことがあります。 普通にバイナリだけ送れば良いのですが、そのバイナリの属性値などを一緒に送りたいという要望がありました。 いろんな属性値を一度に送るのは J…

Python で自身の IP アドレスを取得したい

低レイヤーのネットワークプログラミングをしていると、自身の IP アドレスを取得したいことがよくあります。 ところが Python では、これを簡単に取得するということができませんでした。Stack overflow でもこれが議論になっており、一番簡単なのは外部ラ…

Python: マルチプロセスで並列処理をさせるには multiprocessing.Pool が超便利

独立した並列処理を高速化したい ふつう並列処理といえば、GUI と処理を切り離すなどが思い当たります。 GUI と処理を切り離すといっても、相互にメッセージなどをやり取りして協調動作する必要があります。今回やりたいのは、そういう協調動作を必要としな…

Raspberry pi を NAT ルーター兼 DHCP + DNS サーバーにしたい

やっぱり外にもつなぎたい... 前回の記事で、クローズネットワーク内に Raspberry pi を置いて、DHCP + DNS サーバーにしました。edosha.hatenablog.jp当然ながらクローズネットワークなので、外には出られません。 しかし開発をしていると、どうしても外に…

Raspberry pi を DHCP + DNS サーバーにしたい

クローズネットワークの台数増加 クローズネットワークを組んで使っています。 最初は台数が少なかったので固定 IP でよかったのですが、台数増加に伴い DHCP サーバーが欲しくなってきました。 ついでに名前もつけてあげれば IP を気にする必要がなくなりま…

香川県移住体験ツアー6: まとめ

移住体験ツアーのまとめ 今まで 5 回にわたって執筆してきた移住体験ツアーですが、本記事のまとめが最後になります。 1: 準備編 2: 取材編 3: 三木町編 4: 三豊市編 5: 丸亀市編 各記事の概要と、全体としてどんなことを感じたのか、まとめたいと思います。…

香川県移住体験ツアー5: 丸亀市編

4: 三豊市編はこちらです。 丸亀市とは 全国12の現存天守のひとつ、丸亀城をシンボルとする香川第2の拠点都市です。面積112平方キロ、人口は約11万3千人。 陸地部は風姿がとりわけ美しい飯野山(別名、讃岐富士)が讃岐平野の中央にそびえ、南北を…

香川県移住体験ツアー4: 三豊市編

3: 三木町編はこちらです。 三豊市とは 香川県の西部にあり、南東部は讃岐山脈をはさんで徳島県につながります。中央部には三豊平野が広がり、そこを財田川、高瀬川などが流れる豊かな田園地帯です。面積は約223平方キロ、人口は約6万9千人。 かがわ暮ら…

香川県移住体験ツアー3: 三木町編

2: 取材編はこちらです。 三木町とは 香川県の東部にあり南は讃岐山脈を県境に徳島県と、西は高松市に接しています。南北に約18.4キロ、東西が5.8キロと南北に長く面積は約76平方キロ、人口は約2万9千人です。東西に琴電長尾線が走っており高松市…

香川県移住体験ツアー2: 取材編

ツアー1: 準備編はこちらです。 いざ香川県へ 岡山で新幹線から乗り換えて、特急うずしおで高松駅へ。 実はだいぶ疲れていたのですが、瀬戸内海を見てテンションが上がりました。余談ですが、前回香川県に来たときは、岡山駅からアンパンマントロッコに乗っ…

香川県移住体験ツアー1: 準備編

移住? 今まで Python とか Swift とか言ってたのに、急に移住とはなんぞや?!という感じですが、文字通り移住の検討をしています。候補地は香川県。その香川県が、移住検討者に対して交通費半額助成という、なんともありがたいキャンペーンをしています。 …

読書録 - Python クローリング & スクレイピング

Python データサイエンス 今年から Python によるデータサイエンスの勉強をしています。 データサイエンスというからには、まずはデータを集めなければいけない、ということで Amazon で評判のよかった以下の本を購入して、読んでみました。Pythonクローリン…

Python スクリプトを exe ファイル化したい

Python スクリプトを exe ファイル化したい Python の良いところにはマルチプラットフォームで動くというのがありますが、 良くない、というか仕方ないところは、そのための実行環境を入れないといけません。 自分で使う分には良いですが、人に使わせるとな…

Web ページから iOS アプリを起動したい - Custom URL scheme

やりたいこと Web ブラウジングをしていて、ボタンやリンクを押すとアプリが起動する機能があります。 それを iOS で実現したい!ということで、その方法を調べました。 なお、ただ起動するだけでなく、起動時の URL も取得したかったので、その方法も含みま…

Xcode で Emacs キーバインドを使いたい - Hammerspoon を使う

Hello, Xcode 仕事で iOS アプリを作ることになりました。 当然ながら開発環境は Xcode になります。 今までで最も長い組み込み開発では、Emacs を使ってきました。 Python 開発は、Spyder を使っているものの、keyhac というソフトウェアを使うことで Emacs…

Kaggle 初挑戦: タイタニック号の生存予測その 3 - ニューラルネットワークによる予測 -

Kaggle: タイタニック号生存予測シリーズ その1: データの可視化 その2: データの補完、加工 その3: ニューラルネットワークによる予測 ニューラルネットワークとは ニューラルネットワークとは、脳神経系をモデルにした情報処理システムのことです。学習能…

Kaggle 初挑戦: タイタニック号の生存予測その 2 - データの補完、加工 -

Kaggle: タイタニック号生存予測シリーズ その1: データの可視化 その2: データの補完、加工 その3: ニューラルネットワークによる予測 データの補完 前回の記事では、まずデータの可視化をしました。 次は欠損しているデータを補完します。 ここでどのよう…

Kaggle 初挑戦: タイタニック号の生存予測その 1 - データの可視化 -

データサイエンスやろう 今年からデータサイエンスを勉強することにしました。 いわゆるディープラーニングが流行っているから、というのもありますが、 主たる理由は以下のとおりです。 今後来るであろう AI 社会において、「AI に使われる」のではなく、「…

なぜこのブログを始めたのか?

こんにちは、はじめまして。 最初のブログ投稿は、なぜこのブログを始めたのかについて記載します。 自らの鼓舞 なんといっても自分のためです。特に、自分はこんなことをやって、こんなふうに成長したということを記録に残すことによって、 今度はこんなこ…