子育てしながらエンジニアしたい

現在 2 歳女の子の子育て中エンジニアによる、技術系 + 日常系ブログ。

香川県移住体験ツアー5: 丸亀市編

4: 三豊市編こちらです。

丸亀市とは

全国12の現存天守のひとつ、丸亀城をシンボルとする香川第2の拠点都市です。面積112平方キロ、人口は約11万3千人。

陸地部は風姿がとりわけ美しい飯野山(別名、讃岐富士)が讃岐平野の中央にそびえ、南北を一級河川土器川が流れる、香川の代表的な田園都市です。
かがわ暮らしより

初めて香川を訪れたとき、まさにこの飯野山とその周辺の田園地帯に惹かれたのが丸亀市です。
なので、今回の移住体験ツアーでまた来られることをとても楽しみにしていました。

f:id:edosha:20170609125843p:plain:w400

丸亀市で体験したのはスーパー散策、子どもの遊び場訪問、そして丸亀市役所の訪問です。

スーパー散策

新鮮市場きむら

初めて香川に来たとき、この新鮮市場きむらを訪れて感動しました。
何がすごいって、新鮮な魚がズラリと並んでいることです。

f:id:edosha:20170613075207j:plain:w400

今回はタイとカンパチの刺し身を購入。

f:id:edosha:20170613075225j:plain:w400

めちゃくちゃ美味しかったです。
こんな美味しい地元産の魚が安く買えるなんて、本当に贅沢ですね!!
きむら、好きになりました。

子どもの遊び場

飯山総合学習センター

f:id:edosha:20170609125908p:plain:w400

飯野山がよく見える位置に、この飯山総合学習センターはありました。
図書館はどんな感じかなと思って入ってみたら、なんと子どもの遊び場が!!

小さな児童館のような感じでしたが、なんと土日もやっているとのこと!
これはポイント高いです。
図書館も行けて、遊び場も行けるなんて最高です!
ここもとても気に入りました。

丸亀市役所で移住相談

最後に、丸亀市役所に行って、移住や子育て支援の情報について伺いました。
同じ香川県の中でも、こういった支援メニューはかなり違いがあることがわかりました。

たとえば子育て中に家事まで手が回らないことってかなりあると思うのですが、
そういうときにホームヘルパーを格安でお願いできる制度があります。

丸亀市の子育てホームヘルプサービス
三木町の子育てホームヘルプサービス

対象者、値段、利用可能な回数とすべて違っています。
それ以外にも一時預かりなどにも違いがあるようです。

これはもうまさにその人次第というか、何を大事にするかということになってくるのですが、
個人的には三木町の支援メニューのほうが当てはまる部分が多いと感じました。

丸亀市まとめ

飯野山、スーパー、そして子どもの遊び場で考えると最高です。
ただし、移住や子育て支援といった部分では、完全に理想的とまではいえませんでした。

 三豊市編でも書きましたが、

「自分が何を大切にしたいのか」

これ次第なんだ、ということを再認識しました。

そしてまとめ

長かった移住体験シリーズは、次回のまとめで最後になります。
いろいろまわってみて、結局どうだったのか。
自分的な振り返りにもできればと思っています。

香川県移住体験ツアーシリーズ