子育てしながらエンジニアしたい

現在 2 歳女の子の子育て中エンジニアによる、技術系 + 日常系ブログ。

香川県移住体験ツアー6: まとめ

移住体験ツアーのまとめ

今まで 5 回にわたって執筆してきた移住体験ツアーですが、本記事のまとめが最後になります。

各記事の概要と、全体としてどんなことを感じたのか、まとめたいと思います。

各記事について

1: 準備編

この準備編では、移住コーディネーターさんと、香川県政策部地域活力推進課さんに旅程の相談をさせていただきました。
ここで空き家バンクの見学や、先輩移住者とのインタビューなどをセッティングしていただきました。
知り合いのいない移住希望者がこういったことをセッティングするのはかなり難しいので、本当に助かりました。
今移住を希望されている方は、このような支援を最大限に活用すると良いのではないかと思います。

2: 取材編

取材編では、準備編でお世話になった方々に実際にお会いしました。
そして香川県での生活に対する生の声を伺うことができました。

この取材を通じて感じたのは、実際に住んでいる方の声はネットでは得られないこと、そして、
こういう生の声を得るには自治体にコンタクトを取るのが実は手っ取り早いのではないか、ということです。

自治体に相談するのはハードルが高いな、と自分自身は感じていましたが、それによって得られる情報はとても大きいと感じました。

3: 三木町編

三木町では、空き家バンク見学、役場で移住相談、そして子どもの遊び場訪問をしました。
空き家バンク物件は自然に囲まれたとても素敵な環境にあり、移住後の生活を想像することができました。
役場では本当に温かい対応をしていただき、移住への期待が増し、不安が減りました。
また遊び場では三木町在住の子連れお母さんとお話をして、三木町の子育て環境の良さを聞けました。

初めて行った三木町でしたが、ここは本当に良いところだと感じました。

4: 三豊市編

三豊市では道の駅訪問もしましたが、なんといっても先輩移住者との対談です。
私と同じような立場である先輩移住者の声を聴くことができ、本当にありがたい機会となりました。
良かったことだけでなく、考えさせられることも全部、教えていただきました。
このとき感じたのは、

自分たちにとって何が大切なのか、しっかり考えて移住を決めるべきだと感じました。

ということです。

5: 丸亀市編

丸亀市ではスーパー、子どもの遊び場、そして市役所を訪問しました。
もともと飯野山の風景が気に入っており、また今回はスーパーと子どもの遊び場の良さを知ることができました。
また、移住や子育て支援のメニューは、市町によって異なるということを知りました。
ここでもやはり「自分たちにとって何が大切なのか」を考えなければという気持ちになりました。

まとめ

移住ツアーでは、香川県のいろんな良さを知ることができました。
自然だったり、食だったり、、
でも自分にとって一番印象的だったのは、人の良さだったのかもしれません。
準備編からお世話になった香川県庁の方々、役場の方々、先輩移住者、公園で出会った方々...
とてもあたたかく接していただきました。

もう一つ感じたのは、移住にあたって「自分にとって何が一番大切なのか」をしっかり考える必要があるということです。
あらゆるすべてのことが理想通りという場所はありえないと思います。
であれば、他のことは多少理想と違ったとしても、最も大切なことが叶えられる場所なら良いと思うのです。
自分の中の「優先順位」。
これをはっきりさせるのは実はとても難しいことですが、真剣に自分の心と向き合わなければと思いました。

f:id:edosha:20170613075147j:plain:w400


最後に、今回の移住体験ツアーでお世話になった香川県庁の方々、役場の方々、先輩移住者、公園で出会った方々に、心からの感謝を述べさせていただきたいと思います。
貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました!!

そして、移住することになった場合は、どうぞよろしくお願いいたします!!

香川県移住体験ツアーシリーズ